本文へスキップ
情報  

スタッフ

  • Associate Professor
    Takashi Nishikata (Ph.D., 2005, Hokkaido University) CV
    准教授:西形 孝司 (博士(工学)、2005年、北海道大学)
  • Up coming invited lectures
19/8/31
若手研究者のためのセミナー(九州大学)
19/12/08-12
The 18th Asian Chemical Congress (Taipei)

  • Assistant Professor
    Goki Hirata(Ph.D., 2017, Nagasaki University) CV
    助教(特命):平田 剛輝 (博士(工学)、2017年、長崎大学)

情報  
2019 Students

<企業の方へ>
有機化学研究室には、非常に優秀な学生が揃っています。こちらにお示ししました通り、論文、受賞、そして、普段の研究活動や勉学も目を見張るものがあります。優秀な人材をお探しの企業様、学生に関してさらに詳しい情報をお求めの場合には、西形までお問い合わせください

 M2  業     績
 松田 恭介
Kyosuke Matsuda

As of 2019.07.16.

Total Exp. 607
G.P. 3
Labo.Lv. 44
発表論文

学会発表
1)Cu-Catalyzed Three-Component Reaction of α-Bromocarbonyls and Two Different Olefins for the Synthesis of Skipped Quaternary Carbons
 K. Matsuda, C. Tanaka, D. Sato, G. Hirata, T. Nishikata,
 第66回有機金属化学討論会, 2019, Sep, Tokyo, poster
2)
 K. Matsuda, C. Tanaka, D. Sato, G. Hirata, T. Nishikata
 CRESTxIoLcenter joint symposium
受賞など
1) 有機化学研究室中間発表会 優秀賞(R1年度)
 椿 直也
Naoya Tsubaki

As of 2019.07.16.

Total Exp. 620
G.P. 2
Labo.Lv. 42
発表論文
1) Ppm Cu catalyst enables tert-alkylation followed by C-H cyclization to synthesize substituted oxindoles
Y. Kohei, T. Naoya, Y. Murata, Y. Noda, T. Nishikata*,
ACS OMEGA, 2018

学会発表
1) 高効率銅触媒連続的第3級アルキル化―C-H環化
  第28回福岡万有シンポジウム、2018、May、福岡、ポスター発表

受賞など
 M1   業     績
 黒瀬 彩子
Ayako Kurose

As of 2019.07.16.

Total Exp. 470
G.P. 5
Labo.Lv. 55
発表論文

学会発表
1) Alpha tertiary-alkylations of ketones using multi-catalyst system,
 A. Kurose, T. Nishikata
 The 1st International Symposium on Hybrid Catalysis for Enabling Molecular Synthesis on   Demand, 2019, May, Tokyo, ポスター発表
2) A. Kurose, Y. Ishida, G. Hirata, T. Nishikata
 CRESTxIoLcenter joint symposium

受賞など
1) 有機化学研究室中間発表会 優良賞(H30年度)
2) 応用化学科卒業論文ベストプレゼン賞(H30年度)
3) 有機化学研究室中間発表会 最優秀賞(R1年度)
 島田 泰成
Taisei Shimada

As of 2019.07.16.

Total Exp. 417
G.P. 4
Labo.Lv. 47
発表論文
1)Radical and Cation Crossover Reaction System Enables Synthesis of Complex Aliphatic Chains Possessing Functionalized Quaternary Carbons
Y. Murata, T. Shimada, T. Nishikata*, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2019


学会発表
1) T. Shimada, Y. Shimoharai, G. Hirata, T. Nishikata
 CRESTxIoLcenter joint symposium
2) T. Shimada, Y. Shimoharai, K. Takeuchi, G. Hirata, T. Nishikata
 2-ブロモカルボニル化合物とプロパルギルアルコール類によるヒドロアミノ化制御反応の開発
 CSJ化学フェスタ, 2019, Oct, Tokyo, poster

受賞など
1) 日本化学会BCSJ賞(R1年度)
下拂 優介 
Yusuke Shimoharai

As of 2019.07.16.

Total Exp. 234
G.P. 2
Labo.Lv. 25
発表論文

学会発表
1) Y. Shimoharai, T. Shimada, G. Hirata, T. Nishikata
 CRESTxIoLcenter joint symposium
2)第三級炭素上で進行する求核反応の立体化学
 K. Takeuchi, Y. Shimoharai, G. HIrata, T. Nishikata
 CSJ化学フェスタ, 2019, Oct, Tokyo, poster

受賞など
 中島 悠成
Yusei Nakashima

As of 2019.07.16.

Total Exp. 504
G.P. 1
Labo.Lv. 42
発表論文

学会発表
1)鉄触媒β-アルキルスチレンへの選択的第三級アルキル置換反応開発
 Y. Nakashima, J. Matsumoto, G. Hirata, T. Nishikata,
 第66回有機金属化学討論会, 2019, Sep, Tokyo, poster
受賞など
土屋 直輝 
Naoki Tsuchiya

As of 2019.07.16.

Total Exp. 356
G.P. 9
Labo. Lv. 62
発表論文
1)  Construction of vicinal quaternary carbons via Cu-catalyzed dearomative radical addition,
N. Tsuchiya, T. Nishikata, Chem. Lett., 2019.

学会発表
1) 室温下における第三級ラジカル種の銅触媒脱芳香族付加反応による隣接第四級炭素構築法開発
 Naoki Tsuchiya, Takashi Nishikata
 日本化学会第99回春季年会, 2019, March, 神戸、口頭発表
2) 銅触媒脱芳香族付加反応による室温下での隣接第四級炭素構築法開発
  第29回福岡万有シンポジウム、2019、May、福岡、ポスター発表
3) N. Tsuchiya, T. Nishikata
 CRESTxIoLcenter joint symposium

受賞など
1) 応用化学科奨励賞(H29年度)
2) 応用化学科奨励賞(H30年度)
3) 有機化学研究室中間発表会 努力賞(H30年度)
4) 山口大学常盤賞(H30年度)
5) 有機化学研究室中間発表会 優良賞(R1年度)
 B4   業     績
石田 優斗
Yuto Ishida

As of 2019.07.16.

Total Exp. 31
G.P. 1
Labo. Lv. 8
発表論文

学会発表

受賞など
1) 応用化学科奨励賞(H30年度)
井西 司
Tsukasa Inishi

As of 2019.07.16.

Total Exp. 57
G.P. 0
Labo. Lv. 5
発表論文

学会発表

受賞など
佐藤 大祐
Daisuke Sato

As of 2019.07.16.

Total Exp. 20
G.P. 0
Labo. Lv. 2
発表論文

学会発表

受賞など
寺西 紗綾
Saaya Teranishi

As of 2019.07.16.

Total Exp. 37
G.P. 0
Labo. Lv. 3
発表論文

学会発表

受賞など
松本 淳希
Junki Matsumoto

As of 2019.07.16.

Total Exp. 23
G.P. 2
Labo. Lv. 12
発表論文

学会発表

受賞など
1) 応用化学科奨励賞(H30年度)
2) 有機化学研究室中間発表会 優良賞(R1年度)
学生の努力を多面的に可視化しています。
*Total Exp.とは実験数を表しています。
*Gyoseki point (G.P)とは業績数です。
*Labo. Lv. とは, (Total Exp. + 50 xG.P.Lv.)/(在籍年係数X10)です。係数:B4(1.0),M1(1.3), M2(1.7)


歴代最高値(学位及び在籍年数別)
在籍数5年:中村公昭(H29年度博士):Exp. 2700 論文数: 5報, 学会発表:8件
在籍数3年:山根 侑(H29年度博士):Exp. 1500 論文数: 5報, 学会発表:5件
在籍数3年:石田 頌(H29年度修士):Exp. 1035 論文数: 5報, 学会発表:4件