本文へスキップ
   
 60MHz Desktop NMR
分子構造解析に使います。分子中のHの位置を特定できます。
 GC-MS

分子を電子の力で分解することで、その質量を特定することができます。

 GC

分子を気化させることで、反応混合物に何種類の成分が入っているかを分析できます。

 IR (ATR)


分子に赤外線を照射し、どんな官能基があるのかを特定します。

 HPLC

キラルカラムを装着することで、光学活性体を分析することができます。

         
 Melting point apparatus


融点測定装置です。


 Constant Temp. Bath

反応溶液を-78度まで冷却することができます。

 Accurate digital balance

物質の重さを精密にはかることができます。

 Dry solvent system

THFとジエチルエーテルの乾燥溶媒です。

 Rotary evaporator

減圧しながらフラスコを回転させ、溶媒を蒸発させます。

     
 Syring pump

シリンジに入った溶液を少しずつ反応容器に滴下する装置です。


 Magnetic hot stirrer: Multiple positions

反応溶液を撹拌+加熱するためのスターラーです

 Microwave reactor

反応溶液にマイクロ波を照射し、加熱します。反応時間の短縮に役立ちます。

 Centrifuge

エマルジョンになった溶液を分離することで、抽出操作を容易にします。


 Dry box

湿度30%以下で試薬を保存することができます。

         
 Kugel

少量の試料を蒸留するときに役立ちます。

 Glove box

窒素の入った箱の中で空気中では分解する化合物を扱えます。

 GPC

分子サイズの違いで分離可能。分離が難しい化合物を精製する際に用います。